読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来年は大学生〜らくらく成績を上げて受験を乗り切ろう〜

受験勉強をしているけど、成績が上がらない。。。そもそもどうやって勉強したらいいかわからない。。。そんなあなたを応援するブログです

英単語が覚えられない…!!

年度が変わりまして、

また新しい生徒さんが増えてきました。

 

そこでやっぱりネックになるのが英語!

苦手な子が多いですよね。

 

最近、よく質問されるのが

 

 

「英単語が全然覚えられないんです…。

どうしたら良いでしょうか?」

 

 

という内容です。

 

この記事を読んでくれているあなたは英単語を覚えるのが得意でしょうか?

それとも苦手でしょうか?

 

 

ズバリ!おそらく苦手だと思います!!笑

勝手に決め付けましたが、あまり得意という子を見かけないので。。。

 

 

 

かくいう私も受験生の時には英単語を覚えるのに苦労しました。

繰り返しやってはいるものの、時間が経つと忘れてしまっていたり。

覚えやすい単語帳を聞いて変えてみるもののなかなか続かなかったり。。。

 

 

今日はそんな悩みを簡単な方法で解決したいと思います。

その方法とは…。

 

 

脳の忘却曲線を知ろう!!

 

です。

 

 

 

はい?

と思った方もいるかもしれません笑

 

でもこれは英単語に限らず、

受験勉強をしていくうえで非常に重要なことなので説明します。

 

聞いたことがある人もいるかもしれませんが、

脳は忘れるように出来ているのです。

 

詳しく説明すると長くなるので割愛しますが、

人間は進化の過程で必要な情報だけ残すようにプログラムされています。

本能というやつですね。

 

そのため、必要でない情報は削除されてしまうのです。

厳密には記憶の奥底にしまわれているだけなんですが。

 

 

エビングハウス忘却曲線

という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

 

脳が忘れてしまう時間とパーセントを表したグラフです。

下のグラフを見てください。

 

f:id:selftaught:20170416012908p:plain

「画像はネットから引用」

 

勉強した1日後には、あれだけ一生懸命勉強した内容の74%を忘れてしまうのです!!

なんと恐ろしい…。

 

でも大丈夫。

1日後に74%忘れても、1日後にもう1度勉強すれば、

また100%の状態に戻ります。

 

これを繰り返していけば、26%の覚えている部分が積み重なり、

最終的には長期記憶に変わることで定着し、忘れなくなります。

 

話を元に戻しますが、

英単語を覚えられない子は、

例えば1500語ある単語を最初から最後まで一通りやろうとしてしまうのです。

でも1ヶ月後に覚えている単語は

1500語 × 21% = 315語

となってしまうのです。

 

頑張って英単語の学習をしてみたものの、

1ヶ月後に覚えている数はだいたいこれくらいじゃないでしょうか?笑

 

 

そこでオススメの取り組み方は

 

 

    1〜100までを3日間繰り返す。

  101〜200までを3日間繰り返す。

  201〜300までを3日間繰り返す。

1401〜1500までを3日間繰り返す

 

 

というやり方です。

このように進めることで、記憶に定着しやすくなります。

忘れるように出来ている脳の仕組みを利用して、

忘れないようにやっていくのです。

つまりは、脳に「これは(進化に)必要な情報だから忘れるなよ!」

と誤解さてあげれば良いのです♪

 

私が担当している生徒もこの方法で劇的に英単語を覚えられるようになりました!!

ちなみに私の場合は5日間繰り返すように伝えています。

 

英単語を覚えるの苦労しているあなた!

ぜひお試しあれ♪